• 2014.04.15 Tuesday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | -

昨日東京の「太陽のマルシェ」というイベントに出店し、
人がたくさんいたので頑張って話していたら
喉ががらがらになってしまいました。
今日は海沿いの一宮で販売です。
天気が良くて人手も多く、持っていった野菜はだいたい売れましたが
喉のがらがらは次第にひどくなり、
頭もぼーっとしてきました。
農場に戻ってから家に帰って、急いで仕度をして、バスに乗って船橋に向かいました。
今日はヌッキー君の誕生日祝いを兼ねて、
あいばくんと3人で集まりました。
もしかしたらインフルエンザかもしれないなと思い、
マスクをできるだけ開けないで済むように、
千葉駅で味気ないそばとカレーのセットを食べてから行きました。

船橋のホルモン屋で肉や野菜を食べて、僕のがらがら声がたけしみたいだなという話になって、
うおじもやればできるねとほめてもらったりして、
32才の抱負を語ったりして、帰りました。
僕は寒気がしてきたのでタクシーで家に帰りました。
頭のなかでは星野源の「夢の外へ」が流れていました。
家に着いて熱を計ると38.5度でした。
歯だけ磨いて、ちょっと新聞をよんで寝ました。

そんなわけで、ポコニャンナイト開催が決まりました。

7月12日(土)
@西船橋アジト
18時30分飲み放題スタート
19時乾杯
飲み放題込みで4000円

今年で沖縄に移住するアジトの店長クニさんに感謝をこめて、開催します。
みなさんぜひ遊びに来てください。

うおじ

明けましておめでとうございます。
寒中お見舞い申し上げます。

4月13日土曜日、僕らの西船橋アジトにて、
ポコニャンナイトやります。
今年もよろしくお願いします。

職場の仲間がいる石川へ、夜行バスで向かっています。
きれいな水が流れるようなヨラテンゴの新作「FADE」を聞きながら。

うおじ

JUGEMテーマ:日記・一般
昨日の夜はハマーくんの部屋で打ち合わせをしていたのですが
途中でエネルギー切れで眠ってしまい、
気がついたら朝5時でした。
自分の部屋に戻って凍えながら風呂に入って、
玉子かけご飯だけ急いで食べて、家を出ました。
半年間、仮住まいの民家にいましたが、
今月に入ってやっとアパートに移りました。
作業場について、かぶとしめじで試食用の炒め物をつくって
今日持って行く野菜を車に積み込んで
あたふたしながら出発しました。
高速をとばして稲毛に向かって、地図を見ながら
初めて行く大きな公園に着きました。
JFSAという団体がやっているフリーマーケットで、
テーブルを並べて野菜の販売をしました。
近所のおばさんたちにたくさん来てもらい、
思っていたよりもよく売れました。
屋台で売っていたホットな生姜ドリンクやシフォンケーキや
ちぢみやイカげそを食べて、
梨を買っておまけにパンをもらって
寒いので紅茶をも一杯飲みました。
今度いっしょにイベントをやる近所のベーグル屋さんが来てくれて
フリマの終わり頃に打ち合わせをして、
帰る頃に雨が降ってきました。
作業場に戻る頃には冷たい雨がざーざーと降りだしました。
片付けをして、バスに乗って千葉に向かいました。
お世話になっているカフェが夜営業開始記念のパーティを
しているので、そこに行くつもりだったのですが
バスに乗っている間にお腹の調子が一気に悪くなってしまって
駅ビルのトイレでぐったりしながらパーティを諦めました。
今年もお腹は冷えに弱いようです。
駅の立ち食いそば屋であったかいかけそばを食べて、
電車に乗って家に帰ることにして、
ちょっとSTANDに寄ろうかと思いましたが、電話してみると
今日はライブイベントで店に入れなかったので、
そのまま家に帰りました。
雨がまだ降っていましたが、傘をさしてゆっくり歩きながら
アニマルコレクティブの「Centipede Hz」を聞いて帰りました。
「Strawberry Jam」は僕にとっては、
2000年代最大の「未知との遭遇」でしたが、
今回のアルバムもやはりそんな新鮮さを感じさせてくれます。
緑の匂いと古い木の匂いをかぎながら法華経寺のなかを歩いて、
家に着いて、ご飯とおかずをちょっと食べて新聞を読んで
風呂に入って寝ました。
今日は11日でした。
遠野のまごころネットではガレキ撤去を基本的に終了しましたが、
東北にもあれからもう二度目の冬がやってきます。

うおじ

お久しぶりです。
昨日からapフェスに仕事で来ています。
屋台でお茶漬けを出してます。

昨日はリハで桜井氏も歌っていました。
つま恋でもやったので書いてしまいますが、
一番印象的だったのは
バンクバンドでやった「僕らが旅に出る理由」です。

「人気のない秋の渚
僕らだけに広がる空」
という言葉が、海と空のよく見える会場にはまりすぎて
しばらくその感覚から抜け出せなさそうで困りますが
そういうのがフェスの醍醐味です。

体重は5キロ減りましたが、
まだまだこれからだなと
日々あれこれとやってます。
それではお茶漬けを売りに行って参ります。
今日は関西の友達が二人来てくれる予定です。

うおじ

JUGEMテーマ:日記・一般
引き続き睡眠不足で皮膚炎も進行中の春です。
くるりのレコーディングも進行中です。
HPの日記によれば20曲近く収録されるそうです。
「たいへん長く、激しくやさしく、
笑いの絶えない素敵なアルバムになると思う。」とのことです。
秋までには聞くことができるでしょうか。楽しみです。
カープで何があったのかは全然情報が無いのですが、
「こんな世の中、どんなジャンルであろうと日本人の勇気にならないといけないプロの世界」と
岸田は書いています。
仕事をしているということは、みんながそれぞれプロの世界に生きています。
どうにも頭と体がボーッとしてしまう日もあるけれど、
ここは必死で追いついていきたいと思います。
 
うおじ

JUGEMテーマ:日記・一般

東金生活が始まって、
毎日があっという間です。
余計なことをする余力がありません。
久しぶりの必死な新生活です。
これからもっと必死にやりたいと思います。
友達がまた一人結婚を決めました。

うおじ

<<new | 1 / 115pages | old>>
 
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
COMMENT
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
HE LUCK DOOR
HE LUCK DOOR (JUGEMレビュー »)
ひらくドア
andymori以来、2年ぶりにこのスペースでのご紹介。「君」と「僕」のちょっとまわりくどい情景と、ちょっと気持ち悪いグッドメロディに、21世紀のサニーデイの原石が見え隠れしています。90年代USインディを思わせるギターフレーズのせつなくてうつくしいこと。そして三月九日には、無料で新作が配信されるんだそうです。春がやってきます。
RECOMMEND
アンディとロックとベンガルトラとウィスキー
アンディとロックとベンガルトラとウィスキー (JUGEMレビュー »)
andymori
「everithing is my guitar 物語が始まるかも知れないんだよ」(『everything is my guitar』)
デビューEPとしてはカンペキだと思います。
「百貫デブにはサプリメントを 有色人種にはマシンガンを FOLLOW ME」(『FOLLOW ME』)
あまりの青さに何度聞いてもくらくらします。さあ次はアルバム。
RECOMMEND
GO TO THE FUTURE
GO TO THE FUTURE (JUGEMレビュー »)
サカナクション,Ichiro Yamaguchi
2年前にライブハウスで見かけていたら必ずポコフェスにお誘いしていたはず。スカスカのビートと言葉のリズム・イメージを絡めて、「僕らがなんで踊るのか」をよく知っているなと思わせられる北海道の新人バンド。垢抜けない部分も多いですが、1曲目と7曲目を聞いてみてください。
RECOMMEND
FANFARE
FANFARE (JUGEMレビュー »)
□□□
(しつこいけど)「2005年のLIFE」と勝手に宣伝。
ハウスもヒップホップも歌謡曲も颯爽と乗りこなし、鮮やかなポップセンスで日々を描く驚きの10曲。 (うおじ)
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.