• 2014.04.15 Tuesday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | -

JUGEMテーマ:日記・一般

ありがとうございました!

おやすみなさい〜。

うおじ 


JUGEMテーマ:日記・一般
起きて、納豆と昨日の残りで朝ごはんを食べて、
CDJに電源を入れてちょっとDJの練習をしました。
選曲は常に考えているけど、
CDJを触ったのはけっきょく今日だけでした。
2時間くらい練習をして、ご飯を炊いて、
今日のイベントに必要なスタッフさん用資料をプリントして
昼ごはんに生玉子と昨日の残りを食べました。
ミキサーやCDやスケッチブックや諸々の紙を
カバンに詰め込んで、それを背負って
自転車に乗って西船橋へ行きました。
あいばくんと待ち合わせて総武線に乗って西千葉へ着きました。
cafeSTANDに入って、吸音パネルを壁に貼ったり 
イスや机を上に持って行ったりして、
ポコニャンナイトの会場・開場準備をしました。
19時の乾杯前から来てくれた方もたくさんいて、
19時から22時まであっという間に時間が過ぎました。
個人的にはばらの花の大合唱が一番うれしかったのですが、
DJの時間の組み立てとか選曲については、
去年の7月のポコナイよりも反省点が多かったかなと思います。
お客さんと一緒に盛り上がりきるところまでは
もう一歩だったかなという気がします。
人の気持ちをつかむということは今でもよく分かりませんが、
だからこそ今でもやっていられるんだろうなと思います。
というわけでこれから写真やセットリストもアップしていきます
ので、そちらも覗きに来てください。
イベントが終わってお客さんにあいさつをして、
清算をして、店長の塚本さんにも挨拶をして、
電車であいばくんやヌッキー君とお客さん何人かと帰りました。
西船橋の松屋でビビンバ丼を食べて、
ああやっぱりファーストフードのキムチを食べるとお腹の調子が
悪くなるんだなと思いながら店を出ました。
次回のイベントの方向についてあれやこれやと話しながら
自転車をひいて家に帰って寝ました。
今回いちばんの掘り出し物の曲は
東京事変の「透明人間」でした。
みなさんありがとうございました。

うおじ



JUGEMテーマ:音楽

青山でのDJ出演も無事に終わり、
いよいよ来月はポコニャンナイト開催です。
下に載せたものを、どこかに置いておきたいと
思いますので、本物かどうか見に来てください。
イベントを開催するcafeSTANDで
店長さん経由でいただきました。
10年間イベントやっててよかったです。

ということで、改めてご案内です。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
昨年は遊んでいただきありがとうございます。
今年もポコニャンをよろしくお願いします!
さて、いよいよあと3週間に迫ってきたポコニャンナイト。
詳細が決まりましたので、お知らせします。



「ポコニャンナイト〜みんな集まればほっとする〜」
場所:西千葉cafeSTAND HPはこちら
(JR西千葉駅から徒歩1分


日程:2月4日(土)
オープン/18:30
スタート/19:00
終了/22:00 (終了後は軽い打ち上げもあります)
料金:3000円(飲み放題・フード付き)
DJ:魚路真希、愛葉哲也

10年間みなさんと音遊びをしてきたポコニャンですが、
今回は「cafeSTAND」というお店で開催します。
cafeSTANDは千葉県のパン工房でつくられた天然酵母パンを
提供するなど素材や味にもこだわったカフェで、
展示会や音楽イベントも積極的に行なっています。
最近では曽我部恵一やブラッドサースティーブッチャーズも
アコースティックライブを行なった、千葉の注目スポットです。
そんなcafeSTANDを、
この夜はポコニャンがホットな音楽で揺らします。
ご来場のみなさんには、2011年後半のホット曲をまとめた
「ポコメゾン2011パート2」のCDRもプレゼントしちゃいます。
2月4日(土)は西千葉「cafeSTAND」に集合でお願いします!


というわけで、人数把握のため、「行こうかなー」と
考えていらっしゃる方はコメントを
いただけるとありがたいです。
また、お仲間さんをお誘いいただくのも大歓迎です。
お気軽にご連絡ください!宜しくお願いします。




ポコニャンオーガナイザーの愛葉と魚路より


ポコ宝に指定されました










JUGEMテーマ:日記・一般
さてさて来年の一発目のポコニャン企画が決まりました。

今回は2月4日、西千葉のcafeSTAND にて。

「ポコニャンナイト 〜みんな集まれば、ほっとする〜」

7月のアジト企画と同じく、
あいばとうおじによるDJと、おいしい料理と3時間飲み放題でお送りします。
前回よりも安い料金でやります!

cafeSTANDは12月にも曽我部恵一やブラッドサースティブッチャーズが
アコースティックライブを行うなど、
千葉のひそかな注目スポットです。
普段は静かにお茶を飲むのが似合うお店ですが、
2月4日はポコニャンらしくホットにやりたいと思います。

こちらは暫定版で今日急いで作ったフライヤーです。
このバージョンは
たぶん年内しか配らないので、よかったらチェックしておいてください。 
cafeSTANDに10枚だけ置いてあります。
よろしくお願いします。

ポコナイ@STANDver.1

うおじ

JUGEMテーマ:日記・一般

今回のポコフェスの写真をアップします。
あまり画質のよくない写真が多いですが、
これからもうちょっときれいな写真が送られてくる、
かもしれません・・。

炭焼き
炭焼きってやっぱり暖かいです

盛り上がり
ログハウスと電飾はとてもいい組み合わせです

盛り上がりの後
みんなが寝たあとの部屋を記念に撮るのが趣味です

パンダも盛り上がる
山奥なのでパンダも現れます



うおじ

JUGEMテーマ:音楽
ポコフェスの日の朝はいつもだいたいそうですが
朝4時ころまでDJの選曲についてもやもや考えて、
うーんちょっと10分ほど寝ようと携帯電話のアラームをセットして
気が付いたら7時半でした。
7時半にレンタカーに乗って友達の家に迎えに行くことになっていたので
大急ぎで謝りの電話をして支度をして荷造りをして、バナナを持って
8時過ぎに家を出ました。首都高はだいぶ渋滞していました。
メンバーが西船橋と新宿でみんな合流して、高速に乗りました。
頭がふらふらしていたのでユンケルとおにぎりを買いました。
サービスエリアで生姜焼き定食を食べて、
渋川伊香保ICから長い山道を通りました。
赤や黄色の葉っぱが少し傾いてきた太陽の光を受けて
とてもきれいで、車から降りて歩いている人がたくさんいました。
3時半頃に、ポコニャン3度目の、嬬恋村ふりーたいむに着きました。
正式には「ふり〜たいむ」と書くみたいです。
ちょっと遅くなっていたので薪割りはせず、買い出しとセッティングをして
みんなでピザの生地延ばしと具を乗せる作業をして
BBQの準備をしました。
焼きあがったピザはどれもやっぱりおいしい味でした。
僕が具を乗せたピザは一枚だけケチャップ無しで
オリーブオイルと塩とニンニクのすりおろしをあえたソースを
塗って、玉ねぎとしめじとチーズを乗せてみたのですが、
これもすっきりしておいしかったです。
それから外で炭火であったまりながらBBQをして、
みんなでわいわいと食べたり飲んだりして、DJが始まりました。
あいばくんのスローで非常に始まりの時間帯に似合う
ムーディな選曲から始まりました。
その場にマッチしていて、雰囲気をより良くするような選曲を
DJのポイントとするならばこれまででもあいばくんのベスト3に
入るんじゃないかと思うようなDJでした。
それからゲストのちいちゃんと自分も交代でDJをやりました。
自分の二巡目は、りんご音楽祭で夜の時間に出演できていたら
こんな感じでやりたかったなという選曲でやりました。
そういう余計な思い入れがあるとたいてい上手くいかないことは
分かっていたのですが、その割にはうまくいったかなと思います。
日付が変わってオールナイトuojiの時間になると、
めずらしくあいばくんが再登場して
「朝までダフトパンク」のコーナーが始まりました。
まだ踊り足りない人もいたので3時間ほど盛り上がって、
その後最後に僕も1時間ほど、
低音を切ったまま小さな音で大好きなダンスナンバーをかけました。
選んだのはほとんど2001年ころまでの曲でした。
この時のはセットリストに載せていませんが、
気楽に流れに任せてやってみたら結構楽しくできました。
昔はうまくミックスできなかった小沢の「強い気持ち・強い愛」や
ニューオーダーの「テンプテーション」もちゃんとミックスできたので
前よりはうまくなっているのかなと思いますが、
あいばくんと比べるとやっぱり根本的に、
ミックス技術のセンスがあまり無いんだろうなという気がします。
人が集まって立ち上がって踊ること、座ってしまうこと、
おしゃべりを始めること、はたまたどこかに行ってしまうこと、
フロアにいる人たちの自由な振る舞いと時間の流れは
DJを始めて10年経った今でもぜんぜん読めませんが、
それだからやめられないんだなとも思います。
 今回は少なめの人数でしたが、夜が長くて楽しいポコフェス
になりました。ありがとうございました。

うおじ

<<new | 1 / 4pages | old>>
 
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
COMMENT
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
HE LUCK DOOR
HE LUCK DOOR (JUGEMレビュー »)
ひらくドア
andymori以来、2年ぶりにこのスペースでのご紹介。「君」と「僕」のちょっとまわりくどい情景と、ちょっと気持ち悪いグッドメロディに、21世紀のサニーデイの原石が見え隠れしています。90年代USインディを思わせるギターフレーズのせつなくてうつくしいこと。そして三月九日には、無料で新作が配信されるんだそうです。春がやってきます。
RECOMMEND
アンディとロックとベンガルトラとウィスキー
アンディとロックとベンガルトラとウィスキー (JUGEMレビュー »)
andymori
「everithing is my guitar 物語が始まるかも知れないんだよ」(『everything is my guitar』)
デビューEPとしてはカンペキだと思います。
「百貫デブにはサプリメントを 有色人種にはマシンガンを FOLLOW ME」(『FOLLOW ME』)
あまりの青さに何度聞いてもくらくらします。さあ次はアルバム。
RECOMMEND
GO TO THE FUTURE
GO TO THE FUTURE (JUGEMレビュー »)
サカナクション,Ichiro Yamaguchi
2年前にライブハウスで見かけていたら必ずポコフェスにお誘いしていたはず。スカスカのビートと言葉のリズム・イメージを絡めて、「僕らがなんで踊るのか」をよく知っているなと思わせられる北海道の新人バンド。垢抜けない部分も多いですが、1曲目と7曲目を聞いてみてください。
RECOMMEND
FANFARE
FANFARE (JUGEMレビュー »)
□□□
(しつこいけど)「2005年のLIFE」と勝手に宣伝。
ハウスもヒップホップも歌謡曲も颯爽と乗りこなし、鮮やかなポップセンスで日々を描く驚きの10曲。 (うおじ)
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.