• 2014.04.15 Tuesday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | -

放送のことはすっかり忘れていましたが
家に帰ってテレビをつけたらタモリクラブに岸田が出ていました。
めちゃイケの武田真治みたいな感じだったかなと思います。
来週も出るみたいです。
毎日自分が乗っている京急線のルートが撮影に使われていました。
垂涎のポイントがたくさんあったようです。

うおじ

  • 2014.04.15 Tuesday 02:43
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク
  • - | -

Comment:
2007/01/20 5:52 PM, くろ wrote:
マジか。
仕事でした・・・
来週は録画だね!
2007/01/21 12:30 AM, wozy wrote:
おー、録画したよ!
見たければそのうち・・

って仕事遅いなー 残業?
2007/01/21 4:23 PM, くれお wrote:
そのうち見たい!
ロシア来たときにでも。
覚えてたらでいいすよ。
そう残業。
まあ酒飲みで遅くなるよかいいよ。
社会人になって、本格的に酒が飲めなくなってきました。
2007/01/21 11:02 PM, wozy wrote:
うん、そうだね。春休みの間に一度見に行きたいね。

本格的に飲めないっていうのは、次の日も仕事があるから、とかで心ゆくまで飲めないってこと?
Add a comment:









Trackback:
http://pokodays.jugem.jp/trackback/267
武田真治 / はなの記録
2007/05/15 2:09 PM
武田真治武田 真治(たけだ しんじ 1972年12月18日 - )は俳優、音楽家|ミュージシャン。北海道札幌市生まれ(本籍は旭川市)。身長165センチメートル|cm 血液型AB型。ホリプロ所属。本名同じ。略歴*1989年、北海道札幌北陵高等学校|道立札幌北陵高
 
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
COMMENT
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
HE LUCK DOOR
HE LUCK DOOR (JUGEMレビュー »)
ひらくドア
andymori以来、2年ぶりにこのスペースでのご紹介。「君」と「僕」のちょっとまわりくどい情景と、ちょっと気持ち悪いグッドメロディに、21世紀のサニーデイの原石が見え隠れしています。90年代USインディを思わせるギターフレーズのせつなくてうつくしいこと。そして三月九日には、無料で新作が配信されるんだそうです。春がやってきます。
RECOMMEND
アンディとロックとベンガルトラとウィスキー
アンディとロックとベンガルトラとウィスキー (JUGEMレビュー »)
andymori
「everithing is my guitar 物語が始まるかも知れないんだよ」(『everything is my guitar』)
デビューEPとしてはカンペキだと思います。
「百貫デブにはサプリメントを 有色人種にはマシンガンを FOLLOW ME」(『FOLLOW ME』)
あまりの青さに何度聞いてもくらくらします。さあ次はアルバム。
RECOMMEND
GO TO THE FUTURE
GO TO THE FUTURE (JUGEMレビュー »)
サカナクション,Ichiro Yamaguchi
2年前にライブハウスで見かけていたら必ずポコフェスにお誘いしていたはず。スカスカのビートと言葉のリズム・イメージを絡めて、「僕らがなんで踊るのか」をよく知っているなと思わせられる北海道の新人バンド。垢抜けない部分も多いですが、1曲目と7曲目を聞いてみてください。
RECOMMEND
FANFARE
FANFARE (JUGEMレビュー »)
□□□
(しつこいけど)「2005年のLIFE」と勝手に宣伝。
ハウスもヒップホップも歌謡曲も颯爽と乗りこなし、鮮やかなポップセンスで日々を描く驚きの10曲。 (うおじ)
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.