• 2014.04.15 Tuesday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | -

JUGEMテーマ:日記・一般
昨日の夜はハマーくんの部屋で打ち合わせをしていたのですが
途中でエネルギー切れで眠ってしまい、
気がついたら朝5時でした。
自分の部屋に戻って凍えながら風呂に入って、
玉子かけご飯だけ急いで食べて、家を出ました。
半年間、仮住まいの民家にいましたが、
今月に入ってやっとアパートに移りました。
作業場について、かぶとしめじで試食用の炒め物をつくって
今日持って行く野菜を車に積み込んで
あたふたしながら出発しました。
高速をとばして稲毛に向かって、地図を見ながら
初めて行く大きな公園に着きました。
JFSAという団体がやっているフリーマーケットで、
テーブルを並べて野菜の販売をしました。
近所のおばさんたちにたくさん来てもらい、
思っていたよりもよく売れました。
屋台で売っていたホットな生姜ドリンクやシフォンケーキや
ちぢみやイカげそを食べて、
梨を買っておまけにパンをもらって
寒いので紅茶をも一杯飲みました。
今度いっしょにイベントをやる近所のベーグル屋さんが来てくれて
フリマの終わり頃に打ち合わせをして、
帰る頃に雨が降ってきました。
作業場に戻る頃には冷たい雨がざーざーと降りだしました。
片付けをして、バスに乗って千葉に向かいました。
お世話になっているカフェが夜営業開始記念のパーティを
しているので、そこに行くつもりだったのですが
バスに乗っている間にお腹の調子が一気に悪くなってしまって
駅ビルのトイレでぐったりしながらパーティを諦めました。
今年もお腹は冷えに弱いようです。
駅の立ち食いそば屋であったかいかけそばを食べて、
電車に乗って家に帰ることにして、
ちょっとSTANDに寄ろうかと思いましたが、電話してみると
今日はライブイベントで店に入れなかったので、
そのまま家に帰りました。
雨がまだ降っていましたが、傘をさしてゆっくり歩きながら
アニマルコレクティブの「Centipede Hz」を聞いて帰りました。
「Strawberry Jam」は僕にとっては、
2000年代最大の「未知との遭遇」でしたが、
今回のアルバムもやはりそんな新鮮さを感じさせてくれます。
緑の匂いと古い木の匂いをかぎながら法華経寺のなかを歩いて、
家に着いて、ご飯とおかずをちょっと食べて新聞を読んで
風呂に入って寝ました。
今日は11日でした。
遠野のまごころネットではガレキ撤去を基本的に終了しましたが、
東北にもあれからもう二度目の冬がやってきます。

うおじ

  • 2014.04.15 Tuesday 23:09
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク
  • - | -

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://pokodays.jugem.jp/trackback/698
 
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
COMMENT
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
HE LUCK DOOR
HE LUCK DOOR (JUGEMレビュー »)
ひらくドア
andymori以来、2年ぶりにこのスペースでのご紹介。「君」と「僕」のちょっとまわりくどい情景と、ちょっと気持ち悪いグッドメロディに、21世紀のサニーデイの原石が見え隠れしています。90年代USインディを思わせるギターフレーズのせつなくてうつくしいこと。そして三月九日には、無料で新作が配信されるんだそうです。春がやってきます。
RECOMMEND
アンディとロックとベンガルトラとウィスキー
アンディとロックとベンガルトラとウィスキー (JUGEMレビュー »)
andymori
「everithing is my guitar 物語が始まるかも知れないんだよ」(『everything is my guitar』)
デビューEPとしてはカンペキだと思います。
「百貫デブにはサプリメントを 有色人種にはマシンガンを FOLLOW ME」(『FOLLOW ME』)
あまりの青さに何度聞いてもくらくらします。さあ次はアルバム。
RECOMMEND
GO TO THE FUTURE
GO TO THE FUTURE (JUGEMレビュー »)
サカナクション,Ichiro Yamaguchi
2年前にライブハウスで見かけていたら必ずポコフェスにお誘いしていたはず。スカスカのビートと言葉のリズム・イメージを絡めて、「僕らがなんで踊るのか」をよく知っているなと思わせられる北海道の新人バンド。垢抜けない部分も多いですが、1曲目と7曲目を聞いてみてください。
RECOMMEND
FANFARE
FANFARE (JUGEMレビュー »)
□□□
(しつこいけど)「2005年のLIFE」と勝手に宣伝。
ハウスもヒップホップも歌謡曲も颯爽と乗りこなし、鮮やかなポップセンスで日々を描く驚きの10曲。 (うおじ)
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.