• PROFILE
  • Name : うおじとあいば
2002年からポコニャンフェスティバルやポコニャンニナイトを
開催してきました。
4年間千葉や東京の夜を荒らしまわってきた2人ですが、
ポコニャンが冬眠してしまったのでポコ企画はしばらくお休みです。
これからどんなことが始まるのかはまったくわかりませんが、
ポコニャンの目覚めを待ちながら、
毎日のことや音楽のことや馬のことを記録していく
日記になると思います。
暇なときはみなさん遊びにきてください。

 
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
COMMENT
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
HE LUCK DOOR
HE LUCK DOOR (JUGEMレビュー »)
ひらくドア
andymori以来、2年ぶりにこのスペースでのご紹介。「君」と「僕」のちょっとまわりくどい情景と、ちょっと気持ち悪いグッドメロディに、21世紀のサニーデイの原石が見え隠れしています。90年代USインディを思わせるギターフレーズのせつなくてうつくしいこと。そして三月九日には、無料で新作が配信されるんだそうです。春がやってきます。
RECOMMEND
アンディとロックとベンガルトラとウィスキー
アンディとロックとベンガルトラとウィスキー (JUGEMレビュー »)
andymori
「everithing is my guitar 物語が始まるかも知れないんだよ」(『everything is my guitar』)
デビューEPとしてはカンペキだと思います。
「百貫デブにはサプリメントを 有色人種にはマシンガンを FOLLOW ME」(『FOLLOW ME』)
あまりの青さに何度聞いてもくらくらします。さあ次はアルバム。
RECOMMEND
GO TO THE FUTURE
GO TO THE FUTURE (JUGEMレビュー »)
サカナクション,Ichiro Yamaguchi
2年前にライブハウスで見かけていたら必ずポコフェスにお誘いしていたはず。スカスカのビートと言葉のリズム・イメージを絡めて、「僕らがなんで踊るのか」をよく知っているなと思わせられる北海道の新人バンド。垢抜けない部分も多いですが、1曲目と7曲目を聞いてみてください。
RECOMMEND
FANFARE
FANFARE (JUGEMレビュー »)
□□□
(しつこいけど)「2005年のLIFE」と勝手に宣伝。
ハウスもヒップホップも歌謡曲も颯爽と乗りこなし、鮮やかなポップセンスで日々を描く驚きの10曲。 (うおじ)
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.